スッキリと野菜・果物の活用法!

 

今回は朝からスッキリするための野菜・果物の活用法です。

きっと溜まっていることに悩まれいる方も多いと思いますので、ぜひこの機会に食事や食習慣を改善されてみてください!

 

 

 

 

1.スッキリしない原因とは

 

慢性的に溜まっているのものには、3日以上スッキリがない、スッキリが週2回以下のような状態をいいます。日常的に起こるものには3つの種類があると言われており、それぞれの症状と食事療法について説明します。

 

 

■3つの種類

 

 

・弛緩性…大腸の蠕動(ぜんどう)運動(臓器の収縮運動)が弱くなったり、筋力低下により便を押し出す力が低下することによって起こる。

 

 

・直腸性…便意を我慢しすぎたり、浣腸を乱用したりすることが主な原因で、便意を感じにくくなることによって起こる。

 

 

・痙攣性…精神的なストレスや生活環境により自律神経が乱れ、便の通りが悪くなって起こる。下剤の乱用などでも起こり、下痢と便秘を交互に繰り返すことがある。

 

 

 

 

(1)弛緩性と直腸性の対策とは

 

弛緩性と直腸性は、腸の蠕動運動の低下や便意の低下が原因です。

改善するためのポイントは「腸を活発に運動させること」が大切です。

 

具体的に言うと…

 

 

 

 

改善のポイント

 

●朝食を必ず摂る(夕食は早めに摂る)

 

●食物繊維の多い食品を積極的に摂る(120gくらいの食物繊維摂取が目標)

 

●水分を十分に摂る

 

 

 

 

特に朝食が肝心です。

朝起きたときに胃が空っぽになっている状態で水や牛乳などを飲むと、胃の動きが腸を刺激して腸の動きも活発になり、催しやすくなります。

 

朝食後の時間にゆとりを持って催すチャンスを逃さないようにしましょう。

 

 

 

また食物繊維は量を増やし、腸の働きを活発にします。青汁などを活用して積極的に摂るようにしましょう。

 

 

ほかにも腸を活性化する乳酸菌などを含む発酵食品(ヨーグルト、納豆など)や、便を柔らかくしてくれる脂質などを併せて摂ることもお勧めです。

 

 

 

(2)痙攣性の症状と対策とは

 

 

痙攣性は、下痢と便秘を交互に繰り返すほか、次のような症状があります。

 

 

 

・排便してもスッキリしない。残便感がある。

 

・細い便、うさぎのふんのようなコロコロした便が出る

 

・腹痛が頻繁に起こり、おなかの張りを強く感じることがある

 

 

 

ストレスなどが原因で起こる痙攣性では、腸への刺激が少ない食品を摂るようにします。

例えば水溶性食物繊維の多い、いも類、果物、海草などの食品は刺激が少なく、腸内をゆっくり移動します。

 

 

適度な運動で汗をかく、ゆっくりと入浴する、趣味の時間を作るなど、自分に合った方法でリラックスすることが症状の改善に効果的です。

 

 

1回ですぐに改善するという特効薬ではないので、気軽に楽しく続けられる方法を見つけてみてください。

 

ねばならないと考えるとストレスになるので、楽しみながらやれることをやるのが理想です。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

定期便特典としてずっと50%OFFにてお買い求めいただけます。
定期便特典としてずっと50%OFFにてお買い求めいただけます。
クレジット払いも承っております。
クレジット払いも承っております。

 

 

 

お電話でのお申込みはこちら

「定期便を申込みたいんですが」とお気軽にお電話ください。平日10:00~18:00