8月が旬の野菜・果物

よく旬と言いますが、これは野菜や果物が最も多く出回る時期のことをいいます。

旬の野菜や果物は美味しいだけではなく、栄養価も高くなるのでお勧めです。

 

 

<旬の野菜や果物を選ぶメリット>

 

① 栄養素が豊富に含まれている!

 

② その季節のカラダが欲しているものなので特に美味しく感じる!

 

③ 多く出回るので価格も安くなり経済的!

 

④ 四季の移り変わりを楽しむことが出来る!

 

 

8月が旬のお野菜

 

キャベツ レタス きゅうり トマト なす ピーマン じゃがいも おくら 枝豆 みょうが 大葉 玉ねぎ等

 

8月が旬の果物

 

梨 ブドウ 桃 スイカ等

 

 

夏バテの原因

日本の夏は温度だけでなく湿度も高いので、不快を感じやすい暑さです。

 

暑さは人間にとってストレスの一種となり、夏の終わりが近づくころから夏バテの症状が現れやすいです。

 

ストレスを受けると、神経伝達物質の働きが弱まりますが、それを補う栄養素がビタミンB群です。

ストレスはビタミンBを大量に消費します。

また糖質の分解にもビタミンB1は使われます。

 

夏は暑いので麺類や冷たい飲み物、アイスクリーム等、炭水化物をついつい多く摂りがちです。

その結果、ますますビタミンB1不足が起こってきます。

そうするとなんか力がでない、食欲がわかないといったいわゆる夏バテの症状がでてきて、ますます冷たい飲み物・食べ物で食事を終らせてしまうといった悪循環に陥りやすいです。

その他にも、自律神経の乱れがあります。

猛暑の屋外から、エアコンで冷やされた室内に入った時などの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。

さらに冷房の効きすぎた部屋に長時間いると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。 

自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。

 

 

夏バテ改善・疲労回復の対策

暑さのストレスに負けないようにビタミンB1、ビタミンC、カルシウムをしっかり摂りましょう!

 

ビタミンB1は豚肉、ホウレンソウ、アボガド、ミカン等。カルシウムは乳製品、ビタミンCは野菜、果物、いも類が供給源です。

 

夏の野菜や果物、いも類でビタミンCが多いのは、ブロッコリー、れんこん、ゴーヤ、じゃがいも、トマト、ミニトマト、にら、ピーマン、赤ピーマン、キウイフルーツなどです。

 

その他、酢や梅干し、レモンなどに含まれているクエン酸は、胃液の分泌をよくし、消化を助けてくれるだけでなく、体内にたまった疲労物質の代謝を早めてくれるので積極的にお料理に取り入れていきましょう!

 

気持ちが疲れてしまったら体は直ぐにバテテしまいます。

心身ともに元気でいるために、普段口に入れるものを意識していきましょう。

 

体に良い物を食べているから大丈夫だ!と言い聞かせ(実際に食べる)れば、毎日元気100倍です。

自分にプラスのメッセージ、プラスの栄養を送って今日も元気100倍アンパンマンの精神で頑張っていきましょう。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

定期便特典としてずっと50%OFFにてお買い求めいただけます。
定期便特典としてずっと50%OFFにてお買い求めいただけます。
クレジット払いも承っております。
クレジット払いも承っております。

 

 

 

お電話でのお申込みはこちら

「定期便を申込みたいんですが」とお気軽にお電話ください。平日10:00~18:00