産後の回復をも左右する!?妊娠中だけでなく産後の食事もやっぱり大切!

産後の回復をも左右する!?妊娠中だけでなく産後の食事もやっぱり大切!

今朝は何を食べましたか?


「菓子パン」や「ご飯と納豆」で済ましたりとご自身のお食事を疎かにしていませんか?
夜中の授乳やオムツ交換があったりと、寝不足続き…


毎日の育児に追われなかなか食事の用意もままならないこともあるかと思いますが、
産後は慣れない育児で体力が必要な時期であるとともにママさんのお身体の大切な回復期でもあります。


産後ママさんの食事で不足しがちな栄養素として有名なものは、
鉄分・カルシウム・葉酸・亜鉛とされています。


元気に子育てしながら質の良い母乳をあげるためには栄養バランスを考えた食事が大切です!
今回は産後の食事のPOINTと、
栄養バランスの摂れる食材キーワード「まごわやさしいこ」についてご紹介いたします。

~産後の食事3つのPOINT~

①規則正しい食事を心がけましょう

赤ちゃんに美味しい母乳をあげるためにも、
1日1食等不規則にならないように心がけましょう。
(例えば、菓子パンにフルーツや野菜ジュースをプラスする)

②色々な食品をバランス良く食べるよう心がけましょう

産後のお身体を回復させていくため、栄養価の高い母乳をあげるためにも
菓子パンだけで済ましたり、調理に手間のかかる野菜を避けたり、
好き嫌いをせずバランス良く食べることを心がけましょう。

③水分補給を心がけましょう

授乳期間中は水分が不足しがちに…
こまめな水分補給で水分不足を防ぎましょう。
※お砂糖がたっぷり入ったジュースは控えましょう。

 

 

ま 大豆、あずきなど豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取に


ご ゴマナッツクルミアーモンドのこと。不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取に


わ わかめコンブのりなどのこと。ヨード、カルシウムの摂取に


や 野菜。ベータカロチン、ビタミンCの摂取に


さ 魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取に


し しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取に


い じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取に

 

 

最後に、栄養をバランスよく摂らなきゃと考えすぎてはストレスになってしまいます。
例えば、野菜ジュースや青汁は手軽に野菜不足解消と同時に水分補給が出来ます。
間食にナッツを食べたり、豆は豆腐や納豆など調理しなくても食べられます。


お子様とご自身、ご家族の健康のため、
この機会に食生活を見直し、出来ることから始めてみませんか?