妊婦さんはカフエィンを摂っても大丈夫?

妊婦さんはカフェインを摂っても大丈夫?

妊娠中は控えた方がよい飲み物

妊娠中はカフエィンを摂ってもよいのでしょうか?

妊婦さんはカフェインを摂るのは止めた方がよいというのはよく聞く話ですがそれはどうしてでしょうか?

一つ一つ解説していきます。

 

 

1.カフエィン飲料

カフェインは中枢神経系を刺激し、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症などを引き起こす可能性があります。

妊娠中はホルモンバランスが乱れるので不眠に悩む妊婦さんも多くないです。

 

またカフェインは胎盤を通過してお腹の赤ちゃんに届きます。

赤ちゃんは肝機能が未熟なので、カフェインをうまく分解して体の外に排出することができません。

こうしたことから妊娠中にカフェインを大量に摂取するのは控えた方が良いとされています。

 

コーヒー好きの方は1日2~3杯までにするとよいです。

その他の食品でカフェインを摂っている方は1杯等に調節してみてください。

カフェインはコーヒーだけではなく、緑茶、紅茶、烏龍茶、ココア、コーラ等にも含まれています。

 

 

2.タンニン、カテキンが含まれている飲料

妊婦さんはカフェインを摂っても大丈夫?

緑茶、ウーロン茶などカテキン、タンニンが含まれている飲料にも注意が必要です。

 

またカテキンやタンニンが含まれている飲料水にも注意が必要です。

カテキンには胎児の形成に不可欠なビタミンB群の「葉酸」の働きを阻害する作用があると言われています。

タンニンは鉄とくっつきやすい性質を持っているので、摂りすぎると鉄の吸収を抑えてしまい可能性があります。

一口も飲んではいけないということはありませんが、日常的に飲むのは控えるようにしたほうが良いと言えます。

 

その他、炭酸飲料や一部のハーブティーも控えた方がよいとされています。

全て一口も飲んではいけないということではなく、控えた方がよいものになります。

 

あまり神経質にならず、かといって妊娠前と同じように飲むのでもなく、うまく付き合っていきましょう。