青汁マイスター南のママの青汁を美味しく飲み続けるコツ

 

 

こんにちは(^^)お客様サポート担当、青汁マイスターの南です。

 

お腹の赤ちゃんと母体の健康のためには毎日の食生活が重要です。

いつものお食事にママの青汁をプラスして妊娠中に必要な栄養素をしっかりと補給していきましょう。

 

こちらでは青汁を毎日の飲むのが初めてという方、飲み続けることに不安を感じている方のために、

簡単にそして毎日続けるための「3つのコツ」をお伝えします。

 

 

 

青汁を飲み続けるに飲むタイミングが大事!

 

毎日飲み続けるためには飲むタイミングが大事です!

 

「食事と一緒に」お飲みいただくと習慣として定着しやすいのでお勧めです。

食事と一緒だと一汁三菜を手軽に実現できるのも嬉しいポイントです!

 

 

 

ママの青汁は飽きにくいお水で割るのがお勧め

 

ママの青汁は、味に飽きにくい「お水」で割ることをお勧めしています。

オーガニックケールの素材の美味しさをさらに実感していただけます♪

 

完全無添加のママの青汁が溶けやすいのもお勧めのポイントです!

その他、牛乳・豆乳・リンゴジュース・ヨーグルトと混ぜるのもお勧め(^^)

 

 

 

ママの青汁は50度以下なら温かい飲み物に入れてもOK

 

冷えが気になる方、寒い冬には温かい飲み物に入れるのがお勧め(^^)

50℃以下であれば栄養成分が壊れる心配がないので、温かいお料理や飲み物と混ぜてもOK!

 

粉末なので色々なお料理、飲み物と混ぜやすいです。

(例:コーンスープ、お味噌汁、ヨーグルト等)

 

 

 

 

はじめての青汁で飲み続けることに不安を感じている方、飲みにくさを感じている方へ

お勧めの飲み方のご紹介です(^^)

 

 

 

 

パッケージでは「お水約100mlに小スプーン1杯(約2.5g)」の割合をお勧めしていますが、

青汁がはじめての方には・・・
ちょっと多めのお水”150~200ml”で割っていただくのがお勧めです!

その他、牛乳や豆乳、リンゴジュース等と割ってもお飲みいただけます。
(お味の感じ方には個人差がありますので、お好きな量でお好きなものとお飲みください。)

 

 

 

ママの青汁はお野菜と一緒なので「冷蔵庫」で保存してください。

ママの青汁は冷蔵庫で保存しましょう。

 

 

 

最後に美味しく飲む最大の秘訣とは

毎日続けるコツを幾つか紹介してきましたが、美味しく飲む最大の”秘訣”を最後にお伝えします。

 

ママの青汁は妊娠中の方、お腹の赤ちゃんのために作られています。

赤ちゃんは家族の宝であり、私たち社会の希望です。

私たちはあなた様とご家族の健康元気を願い一つ一つ思いを込めて梱包しています。

是非、ママの青汁を飲む際は家族と一緒に”笑顔”で楽しくお飲みください。

 

 

 

追伸

青汁のことをもっとよく知りたいという思いから、

2017年12月「青汁マイスター」という資格を取得しました。

 

青汁にはご存知の通りいろいろな原材料があります。

ケール、明日葉、大麦若葉、ゴーヤ、桑の葉、ヨモギなど。

 

実際に青汁の原料を飲み比べてみましたが、栄養満点の緑黄色野菜は独特の味や風味があり、

飲みやすいものもあれば、正直これを毎日飲むのはつらいな…というものもありました。

 

「野菜の王様」ともいわれているケールも本来、独特の苦味があるお野菜です。

しかし、オーガニック栽培のケールは自然の甘みがあり独特の苦みを一切感じません。

 

ママの青汁では愛媛県産オーガニックケールを100%使用しています。

土づくりからこだわり無化学肥料・無化学農薬で栽培しているので、生葉でも美味しく自然の甘みがある美味しいケールに育つのです!

 

       

 

妊娠中のお食事の基本は緑黄色野菜をしっかり摂ることです。

いつものお食事にママの青汁をプラスして妊娠中に必要な栄養素をしっかりと補給していきましょう。

 

私たちはそのお手伝いを青汁を通して精一杯させていただきます。