妊婦さんに嬉しい栄養素がいっぱい!

ママの青汁には妊婦さんに嬉しい栄養素がいっぱい!

ご存知のとおりママの青汁は愛媛県産のオーガニックケールを100%使用しています。

ケールというお野菜の名前は青汁の原料として有名なので一度は聞いたことがあると思いますが、その生まれについてはよく知られていません。

 

本日はまず「ケールの生まれ」について紹介します。

 

 

 

ケールは約4,500年前に生まれました!

ケールの代表的な栄養素と効果とは

ケールは約4,500年前に地中海沿岸で生まれたとされています。

つまり紀元前から食されていてヨーロッパ、アメリカ、南米、アジアと世界中に広がっていきました。

 

ケールはアブラナ科の植物で、世界に約3200種あるとされている食物の中でも、特に古いルーツを持つとされています。

つまりお野菜の先祖です。

事実、旧ソ連の植物学者、ニコライ・ヴァヴィロフはケール発祥の地域を「世界の野菜の8大ルーツ」の一つとして位置づけました。

 

ケールの子孫として代表的なものがキャベツ、その他、紫キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーなどがあります。

 

 

 

ケールの特徴と言えば…!

ケールの特徴は何と言ってもその「生命力」です!

耐暑性、耐寒性ともに強く、どんな過酷な環境でもその風土や気候にあわせて自在に姿を変えて生きながらえます。

 

そしてもう一つの特徴が「栄養価の高さとバランス」です。

ケールは結球せずに太陽の光をいっぱい集めるために目一杯広がります。

そのため葉緑素たっぷりの分厚くて大きな葉になります。

手と比較するとその大きさがわかります。

 

私たちは毎年愛媛県の農家にお邪魔してその年の栽培の様子を見に行っていますが、その度にケールの生命力に圧倒されます!

 

 

 

ケールには妊婦さんに嬉しい栄養素がいっぱい!

ケールには妊婦さんに嬉しい栄養素がたくさん含まれています。

ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

 

 

たんぱく質

お腹の赤ちゃんの全ての基礎となるのがたんぱく質です。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの筋肉、内臓、皮膚などを作るたんぱく質が必須になります。

鉄分と併せてしっかり意識したい栄養素です。

 

 

葉酸

葉酸は水溶性ビタミンB群のひとつです。

葉酸を摂ることでお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害という先天異常が起こるリスクを減らすことが報告されています。

 

 

鉄分

妊娠中は体液(血液)が増え、またお腹の赤ちゃんに鉄分を吸収されるので、いつも以上に鉄分を意識して摂る必要があります。

最初は貧血の症状が出なくても、妊娠中期以降に鉄分不足になり、貧血になるケールは多々あります。

 

妊婦貧血になると、酸素を運ぶ役割のあるヘモグロビンが減少するため全身に酸素不足が生じ、動悸や息切れ、めまい、体のだるさなどの症状があらわれます。

 

鉄分は赤血球に含まれるヘモグロビンを作る材料になるので、積極的に摂るようにしましょう。

 

 

カルシウム、マグネシウム

お腹の赤ちゃんの骨や歯を作るためにはカルシウム・マグネシウムといったミネラルが必要です。

 

カルシウムが不足するとママの骨からカルシウムを補うことになり、血行にも影響を及ぼし、高血圧にもつながります。

 

牛乳やヨーグルトといった乳製品、お豆腐、あおのり、わかめ、ひじき、こんぶといった食品に多く含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛は骨や皮膚の発育を促したり、免疫力を高めたりする働きがあります。

亜鉛が不足すると免疫力低下やつわりの原因になります。

その他、お腹の赤ちゃんの発育に影響がでる可能性があるので、しっかりと摂りたい栄養素です。

 

 

βカロテン

β-カロテンは強力な抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用とは、体内に発生した活性酸素を除去する働きのことです。

β-カロテンは、強力な抗酸化作用を持っているので、

妊娠中の母体を健康に保つために必要な栄養素です。

 

 

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用があり免疫力を高める働きがあります。

またビタミンCはコラーゲンの生成にも必要で、生活習慣予防に役立ちます。

 

 

食物繊維

食物繊維はヒトの消化酵素では消化できない成分で、野菜や果物、海藻類等に多く含まれています。さまざまな生理作用をもち、第6の栄養素とも言われています。一言でいうと腸内環境を整え生活習慣予防につながります。

★腸内フローラとは

腸の中には微生物が存在していて、その数は実に100兆匹以上とも言われています。これらの目に見えない100兆匹の微生物を総重量に換算するとなんと1kg~1.5kgにもなるそうです。その微生物は腸内細菌と言われているのですが、種類も多種多様に及ぶことから、これら腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)に例えられ、「腸内フローラ」と呼ばれています。

 腸内細菌、腸内環境というのはあらゆる癌、動脈硬化、糖尿病、アレルギー、

うつ病などの精神病、そして太りやすさや老化のしやすさまでにも関係している

ということがわかり、腸内環境というものがいかに健康を左右する上で重要なもの

かと注目を集めています。

 

無菌の状態にいた赤ちゃんが、お母さんの産道で初めて菌に触れ、それが赤ちゃんの腸内フローラになることがわかっています。これによってお母さんと似た体質の赤ちゃんになります。

 

 

 

ママの青汁に使用されているオーガニックケールにはここで紹介した栄養素を含め57種類も含まれています。

他の野菜・食品と比べても断トツ!

 

 

まとめ

ママの青汁のケールを飲んでいれば大丈夫!と言ってしまいたくなるほど栄養価が高く、バランスに優れています。

これもすべて愛媛県の農家の皆様がこだわりを持ってケールを栽培してくれているお陰です。

本当に感謝です。

 

私たちは感謝の気持ちをこめてありがたくママの青汁を毎日飲んでいきましょう!