妊婦さんが控えた方がよい飲み物

妊婦さんが控えた方がよい飲み物

妊娠中は水分が妊娠前よりも必要なこと、日常的な水分補給には「水」「麦茶」が一番おすすめです。

 

では妊婦さんは飲んではいけないものはあるのでしょうか?

 

 

妊娠中は飲んではいけないもの

アルコール飲料

妊娠中は飲んではいけないもの アルコール飲料

母子手帳、産婦人科でもタバコと一緒に必ず止めるように注意されるので、知っている方も多いと思いますが、妊娠中は「禁酒」が必須です。

 

アルコールは胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに届きます。赤ちゃんはアルコールを分解する力がないため「胎児性アルコール症候群」になるリスクが出てきます。

 

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の過剰なアルコール摂取によって引き起こされる先天性疾患のことです。奇形、発育不全、神経障害などのリスクがありますので必ず止めるようにしてください。

妊活中の方も控えるようにしましょう。

 

 

控えた方がよい飲み物

1.カフェイン飲料

妊婦さんが控えた方がよい飲み物 カフェイン飲料

カフェインは中枢神経系を刺激し、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症などを引き起こす可能性があります。

妊娠中はホルモンバランスが崩れるので不眠に悩む妊婦さんも多くないです。

 

またカフェインは胎盤を通過してお腹の赤ちゃんに届きます。

赤ちゃんは肝機能が未熟なので、カフェインをうまく分解して体の外に排出することができません。

こうしたことから妊娠中にカフェインを大量に摂取するのは控えた方が良いでしょう。

 

コーヒー好きの方は1日2~3杯までにするとよいと思います。

その他の食品でカフェインを摂っている方は1杯等調節してみてください。

カフェインはコーヒーだけではなく、緑茶、紅茶、烏龍茶、ココア、コーラ等にも含まれています。

 

 

2.タンニン、カテキンが含まれている飲料

タンニン、カテキンが含まれている飲料

緑茶、ウーロン茶などカテキン、タンニンが含まれている飲料に注意が必要です。

 

カテキンには胎児の形成に不可欠なビタミンB群の「葉酸」の働きを阻害する作用があると言われています。

タンニンは鉄とくっつきやすい性質を持っているので、摂りすぎると鉄の吸収を抑えてしまい可能性があります。

一口も飲んではいけないということはありませんが、日常的に飲むのは控えるようにしましょう。

 

 

3.炭酸飲料など糖質が多い飲料水

妊婦さんが控えた方がよい飲み物 炭酸飲料など糖質が多い飲料水

一般的な炭酸飲料には大量の糖分&カロリーが含まれています。

妊娠中に糖分を摂りすぎると、体重の増えすぎや、疲れやすい体になる恐れがあります。

果汁入りジュースも糖分がたくさん含まれているので注意が必要です。

どうしても炭酸が飲みたい場合は「炭酸水」にするようにしましょう。

 

 

4.一部のハーブティー

「ルイボスティー」「ローズヒップティー」は妊婦さんも飲むことが出来ます。

 

ですがアンゼリカ、サフラワー、シナモン、ジュニパー、セージ、タイム、ハトムギ、フィーバーフュー、リコリス、カモミール、ジャスミン、セントジョーンズワートなど、中には、子宮を収縮させる作用など妊娠中は飲むのを控えたほうがよいものもあるので、気になる方は専門医に相談してみてください。

 

 

まとめ

毎日のことなので気にしすぎるのは余計なストレスになるのでよくありません。

 

ですが無知識でいけないことをしてしまい、後になって過度に心配するのは心身ともに非常に強いストレスになります。

 

正しい知識を入れて、楽しいマタニティライフを送りましょう。