妊婦さんは緑茶を飲んでも大丈夫?

妊婦さんは緑茶を飲んでも大丈夫?

緑茶にはカフェインが含まれている

一般的にいう緑茶には煎茶、玉露、抹茶、番茶、玄米茶、ほうじ茶が含まれます。

そして緑茶にはカフェインが含まれています。

 

例えば煎茶には100mlあたり20mgのカフェインが含まれています。

玉露には100mlあたり160mgのカフェインが含まれており、コーヒーよりもカフェイン量が多いです(カフェイン量は茶葉の量や抽出方法によって異なる)。

 

カフェイン摂りすぎは赤ちゃんに先天性異常のリスクを高めると言われており、特に胎盤を作っている妊娠初期は注意が必要です。

 

 

カフェインの摂りすぎってどの位?

日本では妊娠中のカフェイン摂取量に明確な基準はありません。というのも赤ちゃんの成長や健康に及ぼす影響についてまだ具体的にはわかっていないというのが現状です。

 

他国を見てみると

世界保健機関(WHO)では1日あたりコーヒーなら3~4杯まで。

英国では1日あたり200mgまでとされています。

そういったことを踏まえると妊婦さんは1日に150~200mgまでとした方がよいと言えるでしょう。

 

外出先などでコーヒーブレイクするときもあれば、チョコーレートを食べることもあると思います。

なのでわかりやすくコーヒーも緑茶も1日1~2杯を目安にするとよいです。

 

 

緑茶にはカテキンが含まれている

緑茶にはカフェインの他に「カテキン(タンニンとも呼ばれているお茶の渋み成分)」が含まれています。

 

カテキンは葉酸の働きを阻害する働きがあります。

タンニンはカテキンが酸化したものですが、鉄と結びつき鉄分の吸収を阻害する働きがあります。

妊娠中は貧血になりやすく、鉄分を意識して摂る必要があるため、注意が必要です。

 

ですから総合的に感がると妊娠中は基本的には緑茶を飲むことを控えた方がよいと言えます。

ですが飲んだらいけないというものではないので、ストレスを溜めないように、上手に付き合っていきましょう。