ママの青汁だより 4月号

ママの青汁コミュニティのお客様だけに「ママの青汁便り」を発送しています(定期便のお客様には毎月、初回のみのお客様には半年間のみ)。

こちらは紙面の一部をアップしております。

 

 

我が家の話シリーズ

夫が妊娠中の妻にできること


お陰様で妻は妊娠28wになりました。

 

お腹がだいぶ大きくなり、一目で妊婦さんだというのがわかるようになってきました。

6月に出産予定ですが、母子ともに健康で元気な赤ちゃんが産まれてきてくれることを願うばかりです。

 

今回は二人目ということで妻は日中寝ていたくても「さくら(二歳)」は遊びたいばっかりなので、

毎日一生懸命外にお出かけしています。

たくさん遊んだから午後は寝るかなぁと期待しても、全然寝ないようです。(-_-;)

 

眠そうなそぶりは見せても、遊びたい気持ちのほうが強く、

意地でも起きているようです。

 

二歳にもなるとその子の性格や特徴がハッキリ現れてきて、

我が子を見てはどっちの性格に似たなど話は絶えません。

 

良いところだけではなく、悪いところも似てしまうのは辛いところですね。(笑)

 

 

 

さて、そんなこんなで妻は通常の家事を行うのもだいぶ辛くなってきた様子です。

 

脚もむくんで足先が冷えてなかなか寝付けないとか…。

 

 

 

夫の私ができること…

そこで私は出来る範囲で「夕食後の食器洗い」、「就寝前に軽く足裏マッサージ」をすることにしました。

といってもどちらかを週に1ぐらいですが…汗。

 

妻は私の仕事内容(妊婦さん向けに青汁を販売していること)を知っているので、

「良い夫を演じているだけ」といじってきます。

「あくまで仕事のためであって、心からやりたいと思っているわけではないでしょ」と。

 

ええ、決して否定はしません。

良い旦那さんと言われたいですし。

たまには家事をして「やってるぜ!」アピールも悪くないかなと。(笑)

 

なにはともあれ続けることが大事なのでマイペースで続けていこうと思います。

 

 

 

皆様は普段旦那様に何をしてもらったら嬉しいですか?

そこでふと思ったのですが、皆様は普段旦那様に何をしてもらったら嬉しいですか?

 

私が思うに…

1.早目に帰宅して子供の遊び相手になる 

2.夕食後の洗い物をする 

3.洗濯物を畳む

4.子供をお風呂に入れる 

5.妻の足裏または肩を揉む 

6.妻の話を聞く

7.休みの日は子供と遊ぶ

8.たまには夜外食する

 

ちなみに私は妻の話をしっかり聞くのは苦手なので聞き流しています(ここだけの話ですが)。

しっかり聞くのは苦手なのでとりあえずごめんなさい。(笑)

 

皆様の旦那様へのリクエストやうちの旦那こんなところがイクメンというのが

 

ありましたら是非教えてください。(*^^*)

 

今後の参考にさせていただきます。


 

 

 

ママの青汁は完全無添加をお約束しています!

↑今年の初めの愛媛県のケール畑の様子です(^^)
↑今年の初めの愛媛県のケール畑の様子です(^^)

ママの青汁はオーガニック栽培による愛媛県産ケールを100%使用しています。

こだわりの有機栽培・冬季のみの限定栽培で栽培されたケールは非常に栄養価が高く

バランスも優れているので、添加物に頼る必要が一切ありません!

また、水に溶けやすいよう粉末の粒子も細かくなっています。

 

 

【一般の青汁に食品添加物が使われている理由】

一般的な青汁は「飲みやすさ、味、のどごしの調整、見た目、さらに栄養成分を補うため」に

食品添加物を使用しています。

 

食品添加物が多いと健康面の心配があるだけではなく、

混ざりものが多い分、原材料が少なくなり、栄養素も低くなってしまいます。

 

例えば、難消化性デキストリンはおなかを整える食物繊維でもありますが、

粉末の均一化・安定化するために入っているものなので、

栄養価の高い青汁であればそもそも添加する必要がありません。

 

また人工甘味料は、化学薬品を混ぜて作ったものがあるので

食品成分表示を確認することをお勧めします。(アスパラテーム:L-フェニルアラニン化合物)

 

 

妊婦さんや赤ちゃんに本当に安全と言えるものだけをお届けしています。

 

”ママの青汁”は添加物を一切使用しておりませんので、ご安心してお飲みください~!