妊婦さんはセロリを食べても大丈夫?

妊婦さんはセロリを食べても大丈夫?

食べ過ぎると流産する!?

どこからこんな噂が出たのかわかりませんが、これは根拠のない噂です。

セロリを食べたからと言って妊娠生活、お腹の赤ちゃんに悪影響が出るという科学的根拠はありません。

 

セロリはビタミン類、カルシウム、カリウム、食物繊維等様々な栄養素が入った野菜なので、妊婦さんも安心して食べることができます。

 

 

セロリの代表的な栄養素と機能

セロリを妊婦が食べても大丈夫?

セロリに含まれる代表的な栄養素を紹介します。

 

 

■カリウム

 

セロリ100g(約1本)には約410mgのカリウムが含まれています。

カリウムは細胞内に多く存在していて、細胞外液に多いナトリウムと一緒に、血圧や細胞の浸透圧を調整します。

ほかにも、血液中の余分な塩分を体外に排出することで血圧が高くなるのをおさえたり、老廃物の排出の手助け、筋肉の収縮を促す働きをしたりと、人体に欠かせない役割を果たしています。

 

 

妊娠中はむくみやすいので妊婦さんにお勧めの野菜の一つです。

 

カリウムについては「妊婦さんとカリウム 食事でむくみ改善」にて詳しく説明しています。

 

 

 

■食物繊維

 

セロリ100g(約1本)には約1.5gの食物繊維が含まれています。

 

 

食物繊維は腸内環境を整え、便のカサを増やし排泄を促進させる効果があります。

特に、妊娠中は後期になるにつれ便秘になりやすい傾向があるので食物繊維を意識して摂るようにしましょう。

 

 

 

■βカロテン

 

βカロテンには肌や粘膜を保護する役割があります。

セロリは茎よりも葉の部分にβカロテンが多く含まれているので、葉も一緒に食べるようにしましょう。

 

 

 

■ビタミンC

 

妊娠中は免疫力が落ちるのでビタミンCを摂って免疫力を高めていきましょう。

妊娠中は風邪を引いても基本薬を飲むことができないので、特に注意が必要です。

 

 

 

食べ過ぎの心配は?

世界保健機構(WHO)や厚生労働省などでの注意喚起はなく、基本的に問題ありません。

どの食品でもそうですがセロリだけ食べればよいということはないので、食べ過ぎるのではなくバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

 

セロリの独特な香りの成分は、アピインやセネリンというものです。

アピインやセネリンには、気持ちを落ち着かせる作用があると言われています。

妊娠中のリフレッシュにセロリを食べるのもいいですね。

 

これでセロリが好きな妊婦さんも安心してもらえたと思います。