妊婦さんとアボガド アボガドには葉酸がいっぱい!

妊婦さんとアボガド アボガドには葉酸がいっぱい!

アボガドは世界一栄養価が高い果物!?

アボガドは世界一栄養価が高い果物としてギネスブックに登録されています。

もちろん妊婦さんにお勧めの果物です。

 

 

アボガドの栄養素とは

なんといっても「葉酸」が多く含まれているのが妊婦さんにとっては魅力的です。

その他にも、「食物繊維」、「カリウム」、「ビタミンE」、「不飽和脂肪酸」などがあります。

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

 

いちご、みかん、バナナ、アボガドには妊婦さんに嬉しい葉酸が豊富

■葉酸

アボカドにはお腹の赤ちゃんの先天性異常を防ぐといわれる葉酸が、可食部100gあたり84μg含まれています。

妊娠中を通し、積極的に摂りたい栄養素です。

ちなみに妊娠中に必要な葉酸は約400ug/日です。

 

 

葉酸が多い果物をいくつかピックアップすると

 

・いちご

100gあたり90μgの葉酸を含んでいます。

 

・みかん

100gあたり22μgの葉酸を含んでいます。

 

・ばなな

100gあたり26μgの葉酸を含んでいます。

 

・キウイフール

 100gあたり36μgの葉酸を含んでいます。

 

 

 

野菜は

 

モロヘイヤ

 100gあたり250μgの葉酸を含んでいます。

 

・枝豆

 100gあたり260μgの葉酸を含んでいます。

 

・ほうれん草

 100gあたり生で100g中210μgの葉酸を含んでいます。

茹でて100g中110μgの葉酸を含んでいます。

 

・ブロッコリー

 100gあたり120μgの葉酸を含んでいます。

 

・カボチャ

 100gあたり75μgの葉酸を含んでいます。

 

・ママの青汁

  100gあたり610μgの葉酸を含んでいます。

 

■食物繊維

食物繊維は腸内環境を整え、便のカサを増やし排泄を促進させる効果があります。

特に、妊娠中は後期になるにつれ便秘になりやすい傾向があるので、積極的に摂りたい栄養素です。

 

 

■カリウム

カリウムは血液中の余分な塩分を体外に排出することで血圧が高くなるのをおさえたり、老廃物の排出の手助け、筋肉の収縮を促す働きをしたりと、人体に欠かせない役割を果たしています。

妊娠中のむくみや高血圧の予防に期待できます。

 

 

■ビタミンE

ビタミンEは女性ホルモンの分泌を促進する働きがあります。

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいので嬉しい効果です。

 

 

■不飽和脂肪酸

アボカドの脂質はバターとは違って不飽和脂肪酸です。

そのため血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。

お腹の赤ちゃんにサラサラの良い血液で栄養を届けることができます。

 

 

注意点は一つ

栄養豊富なアボガドですが唯一気を付けたいのは食べ過ぎによるカロリーオーバーです。

 

平均的な大きさのアボカド1個のカロリーは約260キロカロリー。

ご飯一杯約230キロカロリーなのでアボガドの方が高いんです。

 

サラダとして食べると美味しいのでついつい食が進んでしまいますが、アボカドは1日1個までとするのが良いです。

 

アボガドだけに言えることではないですが、一つの食品をたくさん食べるのではなく、バランスよく食べるように心がけていきましょう。