妊婦さんに蜂蜜は大丈夫?


結論から言うと大丈夫!

結論から言うと妊娠中は蜂蜜を食べても大丈夫です。

 

もちろんママが蜂蜜アレルギーを持っている場合は、産婦人科の先生と相談してください。

 

蜂蜜食べても大丈夫かなと心配しているママさんは胎児に影響がないか念のため調べていると思うので、大丈夫な理由について説明します。

 

 

1歳未満の赤ちゃんにはNG

蜂蜜に含まれるボツリヌス菌は食中毒の原因にもなる強力な菌です。

乳幼児は細菌を退治する免疫力が不十分で、重症化することがあるため厚生労働省は摂取を控えるよう注意を促しています。

 

乳幼児は蜂蜜に限らずすべての食品で大なり小なりアレルギー反応がでることがあります。

自分の知識に頼らずしっかり市区町村の無料講座やアレルギー科に相談しましょう。

 

 

妊婦さんはというと

妊婦さんが蜂蜜を食べてもボツリヌス菌等不要な菌は排除され、蜂蜜の栄養成分のみが胎盤を通してお腹の赤ちゃんに届くので大丈夫です。

 

ちなみに1日ティースプーン4杯程度なら食べすぎにはなりません。

ですが産婦人科の先生からも指導があると思いますが、1日を通してバランスよく色々な食品を食べることが重要になるので、蜂蜜は栄養があるからといって摂りすぎには注意してください。

 

 

蜂蜜の栄養とは

蜂蜜の栄養は約8割の糖分と約2割の水分によって構成されています。

ビタミン、ミネラルは少量。

 

蜂蜜は早くエネルギーになってかつ血糖値の上昇を抑える効果があるのでエネルギー源として優れています。

 

その他にも

強力な殺菌作用

・口内炎の改善

・のどの保湿

・便秘の改善

など様々な効果が期待できます。

 

私も朝食パンにつけて食べたりしています。

 

妊娠中の食生活に上手に取り入れていきましょう。