妊婦さんはパセリを食べても大丈夫?

妊婦さんはパセリを食べても大丈夫?

妊娠中はパセリを食べても大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言うと大丈夫です。

 

一部の情報によるとヨーロッパでは妊娠中は控えるそうです。

パセリに含まれるアピオールという成分に子宮収縮作用があり、流産のリスクを軽減するためがその理由のようです。

 

厚生労働省やWHO(世界保健機関)でも注意喚起はありませんので心配する必要がないと思います。

 

食はその国の文化でありその国の体質があり、気を付けるべき点などは国々において様々ですので必要以上に注意する必要はないでしょう。

 

せっかくパセリの話題がでましたのでパセリの栄養素についてみていきましょう。

 

 

パセリの栄養素とは

パセリはその青々とした見た目通り緑黄色野菜です。

そしてパセリには葉酸、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどたくさんのビタミンとカリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムと妊婦さんに必要なミネラルを多く含んでいます。

 

パセリには100gあたり220µg含まれています。

パセリを200gとると妊婦さんが1日に必要とされる葉酸推奨量をほぼ補えてしまいます。

 

ビタミンCは120g、鉄7.5㎎、βカロテン7400µg、食物繊維6.8gと栄養価は素晴らしいです。

 

日本ではパセリを日常的な野菜として食べる習慣はないですが、避けることなくパセリを食べることは妊婦さんにとって必要な栄養素を補うことになります。