妊婦さんにお勧めの5つの食べ物

妊婦さんにお勧めの5つの食べ物

妊娠がわかったらお腹の赤ちゃんのためにしっかり食べなきゃって思いますよね!

ママがお腹の赤ちゃんのために今できることは栄養をしっかり摂って赤ちゃんにどんどん大きくなってもらうことです。

 

ここでは妊娠中にお勧めの食べ物を紹介します。

つわりがでてなかなかうまく食べられない時期もあると思いますが、できることから一つずつ行ってみてください。

 

 

①一番のお勧めが緑黄色野菜!

野菜の中でも「緑黄色野菜」を意識して摂るようにしましょう。

緑黄色野菜とは緑や黄色などの濃い色の野菜で、切っても中まで色が濃いものです。

 

例えば、ほうれん草などの青菜、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、トマト、ピーマン、ケールなど。

 

緑黄色野菜には葉酸、鉄分、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC・Eなどのビタミン、ミネラル、食物繊維などを多く含み栄養価がとっても高いんです。

妊娠中の体重管理にも最適です。

 

サラダ、お味噌汁、炒めもの、お浸し等、お野菜を使うお料理を意識しましょう!

 

 

②乳製品でカルシウム、マグネシウムを!

赤ちゃんの元気な発育の為にカルシウムとマグネシウムといったミネラルをしっかり摂る必要があります。

牛乳やヨーグルトといった乳製品、お豆腐、あおのり、わかめ、ひじき、こんぶといった食品に多く含まれています。

 

カルシウムが不足しても、お腹の赤ちゃんはママのカルシウムを吸収するので、大丈夫と言われていますが、母体の為にしっかり摂っていきましょう。

 

 

③赤みのお肉等でたんぱく質、鉄分!

妊娠中は筋肉、内臓、皮膚、などを作るたんぱく質や、酸素の運搬や血液となる鉄分が、ママと赤ちゃんの分が必要になります。

 

鉄分が不足するとフラフラしたり気分が悪くなったりしてしまうので、そういったサインが出る前に積極的に摂りましょう!

 

具体的には豚モモ肉、牛赤身肉、レバー、卵、かつお、いわし、さけ、まぐろなどです。

(レバーには脂溶性ビタミンのビタミンAが多く含まれています。過剰摂取には気を付ける必要があります。)

 

 

④お野菜、果物でビタミンをしっかり!

妊娠中は葉酸をはじめビタミンB、Cといったビタミンが豊富に含まれている緑黄色野菜、果物を積極的に摂りましょう。

どの果物を食べればよいというより旬の果物を食べるようにしましょう。または好きな果物、その時食べたいと思えるものでもよいですよ。

バナナ、いちご、りんご、みかん等。

 

 

⑤忘れてはいけないのが食物繊維!

妊婦さんの共通の悩みとして毎日スッキリしないというのがあります。

妊娠前は毎日快便だったのに、妊娠後はぜんぜんというのはよくある話。

原因は様々ですがホルモン分泌量の変化、子宮が大きくなることで腸の圧迫・働きの低下、つわりによる食料の減少、運動不足等があります。

妊娠中はできること、できないことがハッキリしてきますのでスッキリしないからといってあわてる必要はなく、食物繊維の多い食品、腸を活性化する乳酸菌などを含む発酵食品(ヨーグルト、納豆など)などを摂りましょう。

 

 

まとめ

妊娠したとたんに食習慣を完璧にというはとても難しいですが、基本は1日3食摂ることを意識してバランスよく食べることを心がけましょう。

シンプルに「一汁三菜」です。なかなか三菜を用意するのは難しいですが、まずは緑黄色野菜を意識して摂ることをお勧めします。

 

ケールにはタンパク質、葉酸、ビタミン、ミネラル、鉄分が豊富に含まれているので、ママの青汁をお食事プラス@として飲むことをお勧めしています。